未分類」カテゴリーアーカイブ

すね毛薄くしたいの?

体毛が濃い人にとって特に気になる部分がすね毛ではないでしょうか。
面積が広くカミソリやシェーバーできれいに剃るのも一苦労ですよね。
男性だとあまりツルツルにはしたくないけどもじゃもじゃすぎて気になるという人もいるはずです。

脱毛をすることでこの悩みから解放されます。
ちなみに除毛クリーム、ブラジリアンワックスでは効果はありません(一時的にはきれいになりますが)。
濃いすね毛を薄くするには脱毛器を使う必要があります。
例えば脱毛サロンでの脱毛です。
エステティックTBCとかミュゼプラチナムとかそういった脱毛サロンで「ヒザ下」といわれている部分がすね毛です。
脇毛脱毛なんかだと100円とかで何回もできる激安コースがお試しプランとしてあったりするのですが、ヒザ下脱毛の激安プランというのはあまり聞かないですね。
あったとしても1回だけとかだったりするはずです。

ほぼムダ毛が気にならないレベルになるまでやるなら10回は脱毛した方がいいです。
脱毛サロンでヒザ下脱毛を10回やると3万円~5万円はかかるんじゃないでしょうか。
結構高額ですよね。
脱毛サロンは永久脱毛ではないので、一度ツルツルになっても数年後にまたちょろっと生えてきたりするかもしれませんが、完全に元どうりの濃さには戻らないはずです。
男性なら特に処理しなくても気にならないレベルは維持できるんじゃないでしょうか。
書き忘れましたが、エステティックTBCやミュゼプラチナムなど、有名な全国規模の脱毛サロンはたいていが女性専用で男性は通えません。
男性向けにはメンズTBCがありますが、それ以外はあまり聞きませんし、値段も女性向けより高いように感じます。

脱毛は毛周期と言ってムダ毛の生え変わる周期を意識して処理していくので、しっかりやろうと思うと結構な期間がかかります。
ハイペースで照射していく場合でも月に1回くらいのペースで通うことになります。
なのであまり遠くのサロンを契約してしまうと、急な予定が入ったり体調不良の時などにやむを得ずキャンセルをしなければならず、通いきれないこともありえます。
もちろん、近場でも同じことは起こりえますが・・・

永久脱毛についてですが、医療機関でしかできず「○○美容クリニック」みたいなところでやってもらえることが多いです。
脱毛サロンのIPL脱毛は減毛や抑毛がメインなので、医療レーザーの方が効果は高いのですが値段も高く医療レーザー脱毛をやってもらえる施設を探すのも大変です。
ミュゼくらい有名な全国規模の美容クリニックってほぼ無いですからね。
そしてやはり女性専用だったりします。

そこでもうひとつの選択肢として提案したいのが、家庭用脱毛器のケノンを使ったセルフ脱毛です。
69800円という高額商品ですが、既に述べた通り脱毛サロンや美容クリニックでもヒザ下脱毛は料金が高いのでそれと比べれば特別高額ではないとも言えます。
効果としては脱毛サロンの光脱毛とほぼ同じで、脱毛サロンからケノンにのりかえる人もいます。
面倒な予約をせずに自分の好きな時に自分の都合で脱毛できるというのが一番のメリットですね。
すごく売れていて口コミ・評判もすごく良いので、自分で脱毛したいと思っていて69800円という価格に手が出せるのであれば買って損はないです。

情報源はこちら:すね毛 薄く

オイリー肌の女性向けの化粧下地

化粧下地にもいろいろなものがありますが、オイリー肌向けの化粧下地というものもあります。
例えば『ミムラ スムーススキンカバー』という商品がオイリー肌向けです。
多分まだ通販でしか買えないと思うので知らない人もいるかもしれませんが、知名度も少しずつ上がってきている注目商品です。
使い方は簡単で、米粒一粒ぐらいのごく少量を薄く顔に伸ばすだけです。
顔のテカリを抑えてくれてお肌の凸凹したクレーターをカバーしてくれます。
顔が皮脂でテカると毛穴や凸凹が目立つのでクレーターをカバーしてくれるのもうれしいですね。
容器はすごく小さいのですが既に書いた通り一回に使う量はものすごく少ないので、一つ購入すれば2ヶ月くらいは使えます。

そしてもうひとつ『セルフューチャー シルキーカバーオイルブロック』という商品があるのですが、商品の特徴としては『ミムラ スムーススキンカバー』とほぼ同じオイリー肌向けの化粧下地です。
『ミムラ スムーススキンカバー』の方が値段が安いので、まずどちらかを試すなら『ミムラ スムーススキンカバー』の方がおすすめかなと思います。

オイリー肌を下地でカバーするのと同時にやった方がいいのが体質改善です。
オイリー肌は遺伝が関係する部分もあるのですが、普段の食事や不規則な生活が原因でひどくなっている場合もあります。
根本的に対策するには少しずつ体質改善するしかありません。
あとは思春期にオイリー肌がひどかった人でも大人になると自然と落ち着く場合もあります。

オイリー肌の人が注意するべきなのは顔の皮脂を取り過ぎないことです。
顔の皮脂を取り過ぎると体が皮脂を補おうとして過剰に皮脂が分泌される場合があるからです。
本当は顔の皮脂にはお肌を守る役目もあるので取り過ぎてはダメということです。
洗顔も同じ理由でやり過ぎるのはよくないです。

オイリー肌用の化粧下地でカバーしつつ、地道に少しずつ体質改善していくのがオイリー肌対策の近道です。

参考:オイリー肌におすすめの化粧下地

出来てしまったシミを消す方法

顔などにできてしまったシミを消す方法にはどんな方法があるでしょうか。
まず最初に思い浮かぶのがクリニックでのレーザー治療です。
しかしまだまだシミ取りのレーザー治療は一般的とは言えず、どんなクリニックが安全で信用できるのか、料金はどのくらいかかるのか、失敗することはあるのか、後遺症などは無いのかなど不安な部分がたくさんあるのではないでしょうか。
レーザー治療以外には病院の皮膚科で塗り薬をもらう、市販のシミ用の化粧品を使うなどがあります。

この「市販のシミ用の化粧品を使う」というのは誰でも気軽に試せます。
化粧品の場合薬ではないので商品の宣伝の表現方法などに規制があって「結局シミに効くの?効かないの?」と思ってしまうこともあります。
とはいえ出来てしまったシミ用の化粧品というものは存在します。
そんな出来てしまったシミに使う化粧品が色々と紹介されているのが下記のサイトです。
できてしまったシミを消したい

紹介されている商品の中で最も気軽に試せるのが『ブライトニングフォーミュラ』というシミ用クリームです。
この商品にはハイドロキノンという成分が入っていません。
ハイドロキノンは美白化粧品などに配合されることが多いのですが、お肌への刺激が強いため使用上の注意があります。
普段以上に紫外線に気をつけたり、同じ箇所に長期間使ってはいけなかったりなどです。
そういった注意を守らなかったり、お肌に合わなかった場合には白斑と呼ばれる症状が出ることもあります。
白斑とはお肌のもとの色が白く抜けてしまう症状です。
市販の化粧品の場合にはハイドロキノンは少量しか配合されていないものが多いのですが、それでもやはり注意が必要になります。
その点ブライトニングフォーミュラの場合には比較的気軽に試せると思います。
商品の特徴や販売店情報は上記参考サイトで確認してください。